糖質制限ダイエットはどうして痩せる?

ライザップが火付け役になったといっても良いほどの糖質制限ダイエットは、今やダイエットの基本ともいえるものに成長していますが、そもそもどうして糖質制限をするとするすると痩せていくのでしょうか。
置き換えダイエットなどとも少し違いますし、栄養面や体内ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

糖質制限とダイエットの関係

ライザップではカロリーは摂取してよく、糖質はストイックに制限するという従来のダイエットの概念を覆すような特殊な食事制限を行います。
糖質を制限したから痩せるの?と言っている間にするすると痩せていき、短期間でマイナス10キロなどざらにいますから驚きです。

ライザップが推奨している糖質制限がどうして痩せるのか具体的に見ていきましょう!

糖質制限ダイエットが痩せる理由

ライザップが推奨している糖質制限が痩せる理由は、糖質を摂取した体の働きに深い関係があります。
糖質を摂取すると体内では血糖値が上昇します。
これは誰でも糖質を摂取すれば血糖値が上昇するもので、満腹感を感じることにつながるものです。

糖質制限ダイエットの画像

一方で血糖値が上昇すると体内ではインスリンが分泌され始め、血糖値が上がりすぎないように調整を行います。
ライザップではこのインスリンに注目していて、インスリンが内臓脂肪を蓄積してしまう性質があるため、糖質を脂肪としてため込もうとするインスリンの分泌そのものを減らそうと考えたわけです。

インスリンの分泌を最小限にするには血糖値を上げないことが必要なため、糖質そのものを減らせば良いということで糖質制限ダイエットが誕生しました。
また、体内では糖質が足りないか不足している状態になると、中性脂肪を燃やして補おうとする働きが活発になります。

糖質制限そのものは脂肪の蓄積を防ぐ目的があり、ライザップで筋トレを行うことによって脂肪燃焼が活発になる、結果的に短期間に10キロ痩せなどの大量減量ができるも、太りにくい体作りも同時にできるという仕組みになっています。



コメントは受け付けていません。